原型師になったキッカケや動機は?

Ma.K.(マシーネンクリーガー)に出会った事が今の仕事を始めたきっかけです。
この仕事を始める以前は好きな事と仕事は別物だと捉えていたのもあって、好きな事をやってしっかりとお金が稼げる事は結構衝撃的でした。
右も左もわからないままに即決でこの世界に飛び込みもうとするボクに、友達や知人からはもう少し慎重に考えるべき!と反対意見ばかり
だったんですが、迷う事無く飛び込めた当時の自分自身の踏ん切りのよさは今でも褒めてあげたいですね(笑)

今作のキャラクターを選んだ理由は?

元々キャラクター性にはすごく惹かれるモノがありました。
悪そうな顔立ち然り、メカ腕然り、雰囲気も含めてカッコよくて魅力的ですよね。
彩色する事でより見映えよく華やかになってくれそうなのも選んだ要因の一つです。

作品を作り終えての感想は?

自分がイメージする『ユースタス”キャプテン”キッド』は表現出来たんじゃないかと思っています。
でも、作り終えた時にある “やりきった感” は、すぐに色褪せてしまって、もっとこうしたい!あーしたい!
こんなのを作りたい!!っていう欲望に変わって行ってしまいます。
造形王頂上決戦はやっぱりやめられないなぁ〜!!ってのが、作り終えての正直な感想なのかもしれません(^^;)

こだわりのポイントは?

やはり作品を形作るイメージには一番気を遣います。
それは表情であったり、ポージングであったり、あとは造形のタッチであったりすると思うのですが、それらすべてが勢いある作品に繋がっていってくれるように、そういう想いを込めて造形しています。
左腕が大きくアレンジを加えたモノになっているのも、キッドの凶悪で荒々しく悪カッコいいイメージをより増幅出来るように、
そんな思いから作り出したこだわりの形になっています。

製作過程で大変だったところは?

うーん、サイズ感と重さ制限ですね(^^;)
今回も大きさと重さに制限があったのですが、縦×横×奥行き、重さ共にギリギリまで、本当にギリギリまで攻めています!!
『一番大きくて重い作品は誰だ!?』部門があれば、ボクのが間違いなくNo.1だと思います!!(^^;)

キャラクターへの思い入れは?

ワイパーを作った時と似ているのですが、制作過程を通してどんどん好きになっていったキャラクターでした。
いずれ物語上欠かせない存在になってくれそうな予感はビシビシしているので、早く暴れ回る姿を見てみたいです!!
ボクの二つ名『愛のチューリップ』とのチューリップ繋がりを指摘されてからは、ちょっと運命的なモノも感じたりしています(^^;)

参考にした原作/アニメの場面は?

ホーキンス&アプーと同盟を結ぶ為に集まっているシーン中のアプーと一戦交えそうなカット、小さなカットなのですが
そのシーンの左腕が凶暴な姿に変貌したところが一番インスパイアされたシーンです。
あと顔に関しては二年前の凶悪極まりないイメージを取り入れて『悪カッコいい』顔になるように造形しました。

今大会の意気込みをどうぞ!

毎回毎回言っているのですが、暑苦しい程の『想い』を込めてこの大会に参加させていただいています。
挑む姿勢を忘れずに攻めて攻めて攻め尽くしていきたいと思います!!
応援の程、何卒よろしくお願いいたします!!

戻る

  • ワンピース