Dブロック
CCP

PROFILE

CCP
特撮造形の守護神CCP

PHOTO

INTERVIEW

1.大会に出場しての感想は(複数回出場の方は過去も振り返りつつ)?
大会出場は初めてで参戦される方は第一線で活躍されておられる方々ばかりなので大会前から緊張していました。
2.作品を造り終えての心境は?
今回はCCP延藤直紀チームとして造型を担当し、与えられた課題を自分なりに解釈し造型しました。通常の原型製作とは違った感覚でした。
3.自分なりに出来映え/作品のココがポイント!
ポルンガの登場は誰しも同じシーン・ポーズを思い出すほど脳裏に刻み込まれていると思っていましたので、アレンジを加えながらも登場シーンのイメージから逸脱しないように努めました。
4.製作上で大変だったポイントは?
ポルンガは正面から見ると上半身は仁王立ちした感じの左右対称のフォルムであるため静的な造型になりやすいです。競技会での造型としては動きが少ない分見劣りするため表皮(表面のテクスチャー)をアニメ造形のカテゴリーの許容範囲でリアリティーのある表皮の仕上げに苦労しました。また、ドラゴンボールから出現シーンの尻尾から頭頂部までの遠近感のある造形表現にも重点を置きました。
5.造っていて楽しかったポイントは?
造形の製作に際し条件があるものの、与えられたキャラクターを自分なりの解釈で表現できたことに終始喜びを感じていました。
6.キャラクターへの思い入れを
超神龍ポルンガはナメック星の神龍で地球の神龍を含め、龍神と称されるもの形状とは異なる独創性あふれた力強いフォルムを持ち、悟飯たちに願いを叶えるシーンは魅了されます。
7.メッセージを一言!
いままでは表立って競技会にでることなく、初めて出場する競技会が天下一武道会という知名度のある大会の参加機会を与えられたことに感謝です。ありがとうございました。