Bブロック
中澤 博之

PROFILE

中澤 博之
造形路面電車中澤 博之

PHOTO

INTERVIEW

1.大会に出場しての感想は(複数回出場の方は過去も振り返りつつ)?
最初は渋々参加したこの大会も早や4年。
それ以前は他の原型師との付き合いもそれ程無く、
どちらかと言えば引きこもり気味だったワタクシも、
気づけば大勢の仲間に囲まれ、そのような中で。
たとえば造形手法的に自分に足りないものを探し出すことがあったり。
たとえば以前よりは外に向けて意識して作るようになったり。
テクニック的には頭打ちなのかなぁと思う中、造形への取り組み方にゆっくりとした変化があり、
それが、良いほうへ転んでいるのかなとも思っております。
一回目出場以前の自分へは戻りたくないですね。
2.作品を造り終えての心境は?
やり尽した感で満ち溢れています。
前3作品は自分が考えるところのデザイン比重が大きかったので
これが本当に鳥山先生の雰囲気が出ているのかという自問自答はあったりしたのですが。
今回は、図面ともいえる元ネタがあるので、ひたすらそのゴールへ向かって走り尽したという感じです。
塗装レギュレーションに対しての回答も出せた感じで、
それゆえ、仕上がった物へシャドウや墨入れをしたいなという気持は今のところ湧いてきません。
3.自分なりに出来映え/作品のココがポイント!
ズバリ、成型色によるお人形さんチックな仕上げ。
正面から見た時でも8割位が、複製素材への顔料混入で7色の色分けをしています。
ガレージキット界では時たま見かけますが、今回の塗装規約の中で思いついた回答というか。
成型色だからディティールがつぶれない、色分けの境がはっきり出るなど、
非常にプロダクツ的な清潔感ある仕上がりが出せたと思いますがいかがでしょうか。
4.製作上で大変だったポイントは?
パーツの分割につきます。
上で述べたような色分けに対応するわけですから、
たとえばショルダーベルト・ウェストベルト・サイドポーチのベルトなど、
さほど本体より飛び出していな部分は普段は分割対象外なのですが、色分けのために今回は分割しています。
5.造っていて楽しかったポイントは?
最近気づいたのですが、
どうやらワタクシ、ベルトやバックルの造形フェチらしく
この様に全体に万遍なく散りばめられた状況に幸せいっぱいでした。
バックル数の作り込みは過去最多です。
6.キャラクターへの思い入れを
後半あまり活躍する場もなく、
最後はただのやかましいおばさんてな感じで終わってしまったブルマですが。
「銀河パトロールジャコ」でのまさかの登場で、
ドラゴンボールワールドにおいての重要な役割を見せてくれて。
ホント、良いタイミングで作らせていただけました。
7.メッセージを一言!
前回の3体までは本当に好き勝手なネタ作らせていただきまして。
今回は皆さん望まれるもの、
バンプレストさんや購入者の皆様にできるだけ喜んでもらえるものと思い、
メジャーなネタを選んだ訳ですがいかがでしょうか。
実は28年前にこのブルマを70ミリ位のサイズで一度作っているのですが、
納入者にもっと緻密に仕上げられないかなどと指摘を受けたりしまして。
生意気にも「こんな安いギャラじゃここまでだよ」と心に思ったりしていました。
商品化もされなかったし、手元に複製品もないので出来のほうは今となってはわからないのですが、いまいちだったことは間違いないと思います。 28年を経てリベンジを果たせた気分です。

あーごめんなさい・・・実は第一候補は過去最高にマイナーなネタを考えていました。