0%
メニュー

カイTK

撮影協力:株式会社アートプレスト(ドルフィンスタジオ)
360度ビューワー360度ビューワー
インタビュー
カイTK
製作キャラクター

ブルマ

経歴をお聞かせください。

公表してませんが
登山で言うと四合目辺りだと思ってます。

原型師になったキッカケと今後の目標(展望)などございましたら教えてください。

昔から絵を描くのが好きでしたが、評価して貰えるのは立体物でした。
学生時代に玩具メーカーのアイデア出しのバイトをしていて、そこで原型は造れませんか?と声がかかり少しずつ原型を造るようになりました。
学生時代に同級生に誘われて造形イベントにロボットを造って参加していたのも声をかけて貰った要因ですね。目標としては一般的な定年年齢までは原型製作の仕事をせねばと思ってます。

製作するキャラクターの選考理由をお聞かせください。

以前この大会でメイド服のランチを造らせて頂いたので、今回は方向性を変えてバトルするような男性キャラクターを造るつもりでした。
ところが当初の希望キャラクターが他の参加者の皆さんと盛大に被り、しかも皆さんの方が思い入れが強いと感じたのでそれならば実は本当は造りたいと思っていたブルマを造る事にしました。ブルマならドラゴンボールという物語の一番最初のシーンをフィギュアに出来るという意義も感じられました。

今大会についてのコメントをお願いします。

今回の造形天下一武道会7は初参加の方が多く、その中では自分は年長者になるので、年長者らしい造形を見せられるのかどうか、プレッシャーを感じます。
一方で造形天下一武道会で何度も優勝している(しかもブルマも造っている)中澤さんにどこまで食らい付いていけるか、こちらも非常に大きなプレッシャーです。

今大会への意気込みをお聞かせください。

今回は自分の造形の嫌な部分や、以前の反省点を一つずつ潰していくような造形がテーマです。
レースゲームで自分のゴーストとレースしてるような感じです。
地味でも良さが滲み出るようなフィギュアにしたいです。
以前造ったランチを良いと言って下さった方やランチを通じて知り合った方も居ますので、そういった方々にもう一度良いと言って頂けるように、何より世界中にいるドラゴンボールファンから納得して貰えるようなブルマを造りたいです。
ああ、そんな事を言ってしまって大丈夫かなあ、、、、。
心配は尽きませんが宜しくお願いします!

前のページへ戻る
トップページへ
PAGE TOP